FX口座を開こう

勤務医におすすめのFX、続いては口座開設の流れなどをご紹介していきたいと思います。

まず、FX始めるためには何といっても「口座を開設」する必要があります。

ここでいう口座とは銀行口座のことではありません、FXを取り扱っている会社で取引するための口座のことを指します。

取り扱っている会社は実にたくさんあり、それぞれの会社によって大きな違いはないものの、多少の違いはありますので、勢いで最初に見つけたところで口座を開設するのではなく、口座比較サイトなどを活用した上で、自分にあっていそうな場所を選ぶのが重要なポイントです。

信用できる会社かどうか、口コミはどうかといった部分も見ておくのがいいでしょう。


口座を開設するための方法は簡単

さて、基本的に口座を開設するための方法は簡単で、取り扱っている会社のページから申し込みフォームなどに必要な事項を全て入力した上で、本人確認書類の提出を行うことです。

運転免許証がもっとも一般的ですね。

提出後は、会社の方で開設にあたって審査が行われます(審査基準は不明ですが、落ちる場合もあります)。

開設の手続きが全て完了すれば、あとはユーザIDやパスワードなど、取引に必要な書類が書留などで自宅に送られてきますので、その後は自分の思う通り取引をされることができます。