皆さんはヘッジファンドという言葉をご存知でしょうか。

リスクヘッジを行いながら運用を続けるヘッジファンド

経済に強い方なら、何度の聞いたことのある名称だと思います。

そもそもは様々な手法を用いてリスクヘッジを行いながら運用を続ける、いわゆる投機的ファンドのことを指しますが、近年では積極的に売りを行うことで収益を目指す場合が多いようです(株式や債券価格が下降トレンドの場合など)。

更に簡単に表現するとすれば、お金持ちから多額のお金を集めたファンドが、その莫大な資産を背景に相場を操作し、利益を出して行く。

その組織のことをヘッジファンドと言えば分かりやすいかもしれませんね。

更にこのヘッジファンドはマクロ系ファンド、モデル系ファンドと、2系統に分けることができ、いずれの場合も大きな傾向があります。


傾向と対策をしっかりと落とし込む

基本的は海外ヘッジファンドがFX取引上で介入してくれば、非常に厳しい状況になることが多いものですが、傾向と対策をしっかりとしておけば、うまく切り抜けることもできると思います。

勤務医の皆さんにぜひ覚えておいていただきのは、相場自体を操作することで利益を上げているファンドが海外には多いということ、また、個人投資家が目的対象とされるものですので、うまく対策をしておかないといけないこと、これだけは頭の片隅にしっかりと入れておいて損はないでしょう。