勤務医の「低年収」という問題

勤務医のみなさんにとって、一つの厳しい現実「低年収」というものがあると思います。

医師と言えばお給料は大金をもらっていると考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、近年医師の労働環境は悪化の一途を辿っており、非常に厳しい状況に直面されている方も少なくありません。


大学病院と民間病院での相違

大学病院などで勤務されている医師の方などであれば、民間病院で勤めておられる方と比較して、年収が数百万円低いこともザラなものです。

そのような状況が続くことを考えると、なんとかして資産形成をしていかなければという気持ちも芽生えて来るもの。

20代ならまだ構いませんが、30代40代となってきたときに、もし収入が低ければ目もあてられませんよね。

それを防ぐための一つの方法としては転職が挙げられます。


資産形成を検討しなければならない

根本的に労働環境を変えてしまえば、それだけでも収入が高くなる可能性は高いもの。

自分に適した職場に移ることで、精神的なストレスも減少するでしょうし、もし頭の中に転職するという選択肢がこれまで出てこなかったのであれば、これを機に検討されてみるのはいかがでしょうか。

医師専用の転職サイトや医師求人について解説しているサイトなどもたくさんあります。

一度、どのような職場があるのかを、少し見てみるというのも一つの資産形成の形かもしれませんね!